• お問い合わせはこちら
  • 電話0952369040

業務提携と資本提携との違い

 業務提携と資本提携は同じようなものに思われますが、実は大きな違いがあります。
 一般的に業務提携とは、「資本の移動を伴わないまま企業が共同で事業を行うこと」を指し、企業同士がコラボレーションをすることにより、お互いのノウハウや資金、技術、人材を出し合うことでシナジー効果を得ていくことを目的としています。それぞれの企業が保有する資源やノウハウなどを生かすことができるため、新事業や技術開発などを行ううえにおいて有効的なシナジー効果が得られ、同時にリスクを軽減することができます。

 一方資本提携とは、企業が他の企業とお互いの株式を持ち合い、協力関係を強化することです。
相互の持ち合いを意味することが多いですが、片方の企業のみが、もう一方の企業の株式を取得すること(資本参加)もあります。
 資本提携は基本的にお互いに株式を取得し合うことで増資を実現することが多く、広い目で見るとM&Aの一種ということが言えます。
 資本提携はあくまで契約上で関係を構築する業務提携と比べ、企業同士が資本に介入するため、より強固な関係性を築きやすい傾向があります。
 業務提携、資本提携のいずれにおいてもそのままM&Aに発展するケースもあります。
 今すぐではないが、将来的に誰かに事業を引き継ぎたいと考えておられる経営者の皆様、是非一度、弊社へご相談下さい。

 

弊社は九州地区一円をカバーしています!
どうぞお気軽にお問い合わせください!

事業を譲りたい、事業を後に繋げたいと考えられている経営者・オーナー様、
一人で悩まず、お気軽に専門家にご相談ください!秘密は厳守します!